医療求人は、常時募集されていますが、少子高齢化の進行もあり、需給ギャップがなかなか埋まりません。

これからの医療求人と看護師

現在、日本社会は、少子高齢化となり、様々な分野で影響が出ているようです。
特に、医療においては、医療費が増加の一途を辿り、医療分野での削減努力も行われているようです。
医薬品製造の下請け化が、その一環であることは、このサイトでも、少し触れています。
また、少子高齢化によって、患者が増えると見込まれていますが、人手不足であることが指摘され、医療に携わる人材を集めることは、急務でもあるようです。
もちろん、医療求人が常時行われているため、人が集まっては来ますが、それでも需給が埋まらないようです。
特に、看護師不足は、将来的に確実に訪れるとのことで、早急な対策が必要なようです。
そこで、アジアの数か国で、看護師の経験がある人を対象に、日本でも受け入れが始まっています。
しかし、日本の看護師国家資格試験を受験し、合格する必要があり、それがなかなか合格が増えないような試験形態のようです。
しかも、研修期間が数年程度と決められているため、不合格のまま帰国する人も、多数いるようです。
試験改革が望まれている由縁が、ここにあるようです。
定期的に主題方法などが変えられているとも言います。
今では、カナを付し、なおかつ、英語表記も併記しているようですが、それでも難解な日本語をどうするかという工夫が、まだまだ求められているようです。
いずれにせよ、医療業界自体、慢性的な人手不足と言われています。
このため、内外から人材を集めるような工夫が必要であり、これは、看護師ばかりでなく、医師などに当てはまることのように思います。

Copyright (C)2017看護師のための医療求人ガイド.All rights reserved.