看護師になるには、看護学部で学び、看護師国家資格試験で合格することが、スムーズな方法です。

看護師になるには

医療の職種には、資格を伴わなければ、就業できないものがあります。
仮に意欲があったとしても、医療求人に応募することはできません。
たとえば、医師であれば、医師免許を取得している必要があります。
これは、応募要件と言ってもいいでしょう。
看護師においても、同様なことが言えます。
看護師資格がなければ、看護師の医療求人に応募はできません。
では、看護師になるには、どのようにすればいいのでしょうか?
まず、もっともスムーズな方法は、看護学を教えている大学に入学し、その後、看護師国家資格試験に合格することです。
これは、医師と同様な方法で、資格を取得するものです。
しかし、看護師の場合、准看護師であれば、国家資格試験を受験できるようになります。
准看護師は、都道府県が認定しているもので、准看護師試験に合格することで、資格を取得できます。
しかし、准看護師になるには、定められた専門学校で学ぶ、あるいは、高等看護学校へ入学する必要があります。
専門学校であれば、中卒でも高卒でも、入学することが可能です。
早い人では、中学卒業後、看護専門学校に入学し、准看護師として就業します。
そうして、看護師国家資格試験を受験し、看護師となった人もたくさんいるようです。
ちなみに、准看護師は、看護師のサポート役となっています。
仲介をするような人にも、アシスタント的な役割をする人が必要なのでしょう。
また、大学に入学し、看護師国家資格試験に合格した人でも、現場に出ずに、そのまま看護師の研究を続けるために、大学に残る人もいるようです。

Copyright (C)2017看護師のための医療求人ガイド.All rights reserved.