看護師の求人であっても、一般の転職と同様、書類提出が必要になります。

書類提出は必須

転職などをするのであれば、まずは、書類提出が必要になります。
これは、医療求人でも、共通していることです。
もちろん、看護師であっても同様ですが、一体、どのような書類が必要とされているのでしょうか?
まず、履歴書になります。
これは、学歴と職歴を年表形式でまとめたものが中心であり、簡単な自分史のようです。
住所や趣味なども併記しますが、大事なのは、何年にどこで学び、どこで働いたかということを、一目でわかるようにすることでしょう。
次に職務経歴書になります。
その名の通り、それまでの職歴を記載するものですが、どこで何を行い、どういう効果を与え、そして、何を得たのかを記述することが、重要なようです。
最後に志望動機書になります。
これは、該当職種に就業したい理由を記載するもので、基本は、過去の職歴と希望先の関係付けを行うことのようです。
以上、看護師求人への応募書類となっていますが、いずれにも共通したことがあります。
それは、簡潔に表現するということです。
履歴書であれば、もともと簡易的な面もあるため、それ程困難ではないかもしれません。
しかし、職務経歴書や志望動機書では、詳細な面も必要であるため、少々しつこい文章になる可能性もあります。
その点については、自分なりの工夫が大切になるでしょう。
なお、書類作成においては、すべてオリジナルで行うことも問題ないですが、転職エージェントの中には、書類作成コンテンツを無料で提供しているところがあります。
そういうものを利用することもまた、効率良く、書類を作成することにつながることでしょう。

Copyright (C)2017看護師のための医療求人ガイド.All rights reserved.