看護師採用であっても、他の職種と同様、面接試験が行われています。

面接での振る舞い方

就業しようと思えば、面接から免れることはできません。
書類提出とセットであり、書類審査に通れば、次は面接というのが、セオリーとなっています。
多いところでは、三次面接まであるようですが、医療求人においても、同様なようです。
もちろん、看護師においても大丈夫です。
そんな面接で大切なことは、ビジネスマナーがあります。
言葉づかいはもちろん、清潔感を醸し出すことが大事なようです。
看護師は、今では男女の差がなく、就業可能となっています。
そのため、男性でも女性でも、第一印象を悪くしないようにすることが大切です。
できれば、就職活動用に、スーツを新調し、不可能であれば、クリーニングが必須でしょう。
また、男性であれば、長髪と髭が不可であり、女性であれば、長髪の場合、きちんと結んでおくことが、大事なようです。
さらに、面接当日は、余裕を持って臨むことが大事であり、約束の時間よりも早めに行動することでしょう。
仮に電車遅延などで、遅刻しそうであれば、必ず担当者へ連絡することが、重要です。
けれども、面接でもっとも大切なことは、面接官とどのように話ができたかということでしょう。
面接の目的は、コミュニケーション力があるか否かを確かめるようです。
スキル面に関しては、書類で確認しているため、あとは、人物の印象を確かめたいということのようです。
そうであっても、単なる印象の確認ではなく、その人が、どのように相手と話ができるのかということを審査しているようです。
結局、看護師であっても、あるいは、他の職種であっても、人とのコミュニケーションが、仕事の核心的な部分と言えるのでしょう。
なお、エージェントなどでは、模擬面接を実施しているところもあります。
心配なようであれば、そういうサービスを利用すべきでしょう。

Copyright (C)2017看護師のための医療求人ガイド.All rights reserved.