看護師の中でも、介護分野へ転身し、活躍している人が多々いるとのことです。

訪問看護へ転身

医療分野が人手不足に陥っていることは、すでにこのサイトでも触れていることです。
それは、医療全体にも及ぶことですが、とりわけ、介護分野においては、その傾向が強いようです。
医療求人として、常時募集もなされている状況です。
こういうことがあるからでしょうか?
看護師から介護分野へ転身する人もいるようです。
介護においては、専門施設などがあり、公的機関が運営しているところがあります。
このため、看護師として、そういうところに就業する人もいるようです。
また、病院自体が、介護施設を併設し、看護師などを受け入れているケースもあるようです。
しかし、最近では、訪問看護として、看護師の転職があるようです。
訪問看護とは、患者の自宅へ訪れ、そこで介護を行うことです。
公的機関の訪問看護センターなどがありますが、介護分野に民間企業も参入しているため、民間センターなどもあるようです。
しかし、いくら看護師としての免許があるからと言っても、患者の自宅を訪れ、そこで介護を行うようになります。
病院勤務とは異なった面があることは否めないようです。
そこで、運営側の方でも、単に看護師資格を取得しているだけでは、雇用しない傾向があるようです。
ある程度の経験を積んだ人を雇用するようにしているようです。
いずれにせよ、介護分野も、人手不足の状態であり、看護経験のある人は、貴重な人材でしょう。
就業希望者が増えているとはいえ、需給ギャップの根本的解決とはなっていないようです。
医療分野内での転身もまた、人手不足を解消するための一つの解決手段となるのかもしれません。

Copyright (C)2017看護師のための医療求人ガイド.All rights reserved.